高齢化社会における運転免許日本では、65歳以上の、いわゆる「高齢者」と言われる人たちの人口が、人口の約4割という時代になっているようです。そして、この高齢化というものは、これからもっと進んでいくと予測されているのではないでしょうか。内閣による調査結果によると、運転免許保有者数のうち、75歳以上での免許保有者はどんどんと増加傾向にあるということがわかっているようです。これはつまり、ドライバーの高齢化というものも同時に進行しているといった状況と考えられるのではないでしょうか。

近年では、高齢者ドライバーへの規制というものが強化されたようですが、実際には75歳以上であっても元気に運転を続けるドライバーというのは大勢いるでしょう。ここで大切なのは、安全に楽しく運転を続けていくために、もう一度正しい知識を身につけておくことであると言えるでしょう。ニュースなどでは、高齢ドライバーの事故が事故が多発しており、早期に解決すべき社会問題と放送されたりしています。しかし、これは、道路交通法の改正が発表されたことによる誤った認識といえるでしょう。

自動車学校でも合宿免許でも、運転免許というものを手にしたのであれば、高齢者だろうと若い年代であろうと「安全に対する意識」というものは差があってはならないのではないでしょうか。事実、年代別による事故数の比率と、事故の増加数というのは一致していないでしょう。高齢者の事故数が増えているように思われていますが、実際は後期高齢者ドライバーは10年間で2倍に増えたにも関わらず、事故件数というのは減少傾向にあると言われているようです。年齢を重ねて、より安全への意識が高まっているということではないでしょうか。

なお、合宿免許に通ったのが遠い昔だという方でもこういったサイトなどを定期的に見るなどして最新の情報をチェックしておくようにすることで、より日々の運転技術を向上できることでしょう。