keyboard_arrow_right
肩は思ったより力持ち

肩は思ったより力持ち

腕の疲れは、肩こりや背中の張りなどにも繋がっているなどと言われているようです。腕は皆さんが思っている以上に、大変重量のあるもので、片腕の重さは、体重の1/12ほどあるなどとも言われています。そのようなウェイトを、皆さんは、日頃から肩などで支えながら、生活を送っているということになりますね。オフィスワークなどで、同じ姿勢を保ちながら、パソコンを操作する、そんな時間が、日常生活の大半を占めていますと、どうしても、肩の付け根などの血行が悪くなり、必然的に、肩こりや背中周りの張りなどが生じてくる方も多いのではないでしょうか。仕事が終わったら、ご自宅でシャワーだけではなく、きちんと湯船に浸かるというような習慣で、肩や背中のコリをほぐしたり、簡単なストレッチを行うことで、肩や腕背中などを刺激することも良いのではないでしょうか。腕の付け根には、「ケンセイ」というツボがあります。こちらを刺激することで、血行促進などとも言われていますが、毎朝毎夕の通勤電車の中でつり革を持つ際にも、その辺りの都合を意識してみることも良いかもしれませんね。

ビタミンAについて

ビタミンAというのは、化学名がレチノールだそうです。カロテンというのは体内でビタミンAに変わるプロビタミンというのだそうです。レチノールというのはレバーやうなぎに豊富に含まれているそうです。ビタミンA効力を持っているそうです。カロテンというのは緑黄色野菜などの植物性食品に含まれているそうです。必要に応じて体内でビタミンAに変わるそうです。カロテンにはβカロテン、クリプトキサンチン、γカロテンなどの種類があるそうです。βカロテンは主に緑黄色野菜に多く含まれているそうです。病原菌やウィルスなどの外敵の侵入を防ぐバリア機能が皮膚や粘膜にはあるそうです。ビタミンAというのは口腔、肺、消化器官などの粘膜を正常に保つ働きがあるため、感染症を予防して体全体の免疫力を高めることにも役立っているそうです。ビタミンAは目が光を感じるために必要であるロドプシンという物質の主成分になるそうです。目の働いに大きく関与しているといえるそうです。カロテンというのは活性酸素を除去する能力がとても高くて、がんや老化を予防する抗酸化物質として期待されているそうです。抗酸化ビタミンであるビタミンE、Cと一緒に摂取すると、相乗効果によって抗酸化作用がさらにアップするそうです。ビタミンAは不足してしまうと、粘膜や皮膚が弱くなってしまうそうです。そのため感染症や皮膚炎にかかりやすくなってしまうそうです。暗がりで目が見えにくいということもあるそうです。子どもの場合は健康障害を引き起こすこともあるそうです。レチノールというのはとりすぎてしまうと体内に蓄積して頭痛、吐き気などの過剰症を引き起こしてしまうそうです。妊娠中は特に注意が必要だそうです。

糖質の代謝に欠かせないビタミンB1

ビタミンB1というのは糖質がエネルギーになるときとても重要な役割を果たしているそうです。日本人は米を主食としているので特に重要な栄養素といえるそうです。穀物の胚芽に多く含まれているそうです。玄米や発芽米、全粒粉などに豊富だそうです。精製過程で失われてしまうそうなので、精白米のような精製度が高いものほどビタミンB1の含有量が少なくなるそうです。ビタミンB1というのは糖質の代謝には欠かせないビタミンだそうです。糖質というのは体内で複雑な過程を経ることでエネルギーに変化するそうです。ビタミンB1は補酵素として働くそうです。ビタミンB1が不足してしまうと、この糖質代謝がスムーズにいかなくなるそうです。糖質をいくら摂取したとしても、効率よくエネルギーを産生することができなくなってしまうそうです。そうなると体内にピルビン酸や乳酸などの疲労物質が蓄積されてしまうそうです。疲れやすくなってしまうと思います。ビタミンB1は脳や神経にとても重要なビタミンだそうです。脳の中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があるそうです。白米を主食とするようになった江戸時代の末期には、脚気が増えたそうです。脚気というのは食欲不振や手足のしびれ、倦怠感などを引き起こす病気だそうです。江戸患いと呼ばれて恐れられていたそうです。これはその後ビタミンB1の欠乏症ということがわかったそうです。現代でも偏った食生活やお菓子甘い飲料などをたくさん取る人は不足しがちだそうです。アルコールをたくさん飲む人も要注意だそうです。ビタミンB1は、にんにく、にら、ねぎなどに含まれるアリシンと結合するとアリチアミンとなって吸収がアップするそうです。