雪対策の装備

雪対策の装備

タイヤのグリップが効きにくくなってしまう雪道のドライブでは、急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキは絶対にやってはいけません。これらをしてしまうと車が姿勢を崩してしまい、事故の原因となってしまいます。すべての行動をゆっくり行わなければなりません。しかし、雪道のための装備も大切です。これがないと事故を起こす危険が大きく増えます。

とりあえず雪道の対策としてはタイヤとチェーンでしょう。スタッドレスという雪道でも走行しやすいタイヤに変更するか、タイヤにチェーンを巻くかのどちらかです。しかしチェーンを巻くのは雪道の手前です。チェーンを付けたまま普通の乾いた道路を走行するとチェーンが切れてしまいます。その点スタッドレスならば乾いた道路も高速道路も雪道も走れるので楽ですね。

雪にはまって動けなくなってしまった時のために指定限スコップと軍手は準備しておくようにしておきましょう。それでもどうにもならなくなった時ほかの車に引っ張ってもらうようにワイヤーロープも忘れないようにしましょう。引っ張るのは乗用車では厳しいです。なので大型トラックなどに引っ張ってもらいましょう。

そもそも雪道でのトラブルを避けるには当たり前ですがなるべく雪がよけられた道を通ることです。近道をしようなどと思い横道に入ってしまうといけません。そういう道はあれていることが多く、せっかくワイヤーロープを持っていてもほかの車が通っていないと意味がないですからね。

合宿免許をお考えの方で、雪道が気になるという方は冬の時期に東北の合宿免許などいかれてみてはいかがでしょうか?もしかしたら運よく雪が降り、雪道での走行を練習することが出来るかもしれません。雪がよく降る地域の合宿免許取得なら、上記のような雪の日の対処法などを教えてもらえるかもしれません。

admin