雪道の上り坂の注意点

雪道の上り坂の注意点

雪道でのスタートはAt車ならばスノーモード、MT車ならば二速で行います。そしてできるだけゆっくりと発信しましょう。上り坂ではいったん停止してしまうと滑ってしまい発信できなくなってしまうことがあるので前の車とのスペースをあけながらなるべく止まらないように進みます。しかし雪道では止まるまでに距離がかなり伸びてしまうことを頭に入れておきましょう。

坂道でのすれ違いは登ってくる車が優先です。下ろうとしている車は必ず停止してゆずります。面倒なのは細い道でのすれ違いです。道路には雪が積もってわだちができていますがそれを乗り越えようと無理をしてしまうとそこで動けなくなってしまう可能性があるのです。車を止めておく場所は平らなところが原則ですが、どうしても坂ノ途中に止めなければならないときは車の頭を坂道の下に向けて止めましょう。そしてサイドブレーキをひいてはいけません。ケーブルが凍り付いてしまって解除できなくなってしまう可能性があります。シフトをPに入れるかMT車ならばバックギアにいれて停車しておきます。

またバッテリーも寒さに弱いんだということを頭に入れておいてください。だいぶ弱っているバッテリーは寒い中に停車しておくと一晩でエンジンがかからなくなってしまいます。できるなら出かける前にガソリンスタンドでバッテリーをチェックしておきましょう。雪道はバッテリーに大きな負担をかけます。雪道ではバッテリーになるべく負担をかけないようにすることを気を付けましょう。

さて、雪道は車の運転が上達するチャンスでもあります。雪道のアクセルの踏み加減で車の姿勢が大きく変わってしまいます。これを直すために車体が傾いた方向に自然とハンドルを切っているはずです。これがカウンターステアリングというものです。

こうした坂道での走行方法やルールなどは合宿免許でも学ぶことが出来ます。ぜひお合宿免許は通いよりも安いため、利用もしやすいと思います。

admin