年齢を言い訳にしない

年齢を言い訳にしない

年齢を重ねていくと、若い頃に比べて、運動能力や注意力、判断力といったものが低下してくるのを自覚し、不安になってしまうといったこともあるのではないでしょうか。しかし、自動車を運転するために必要な能力というのは、いくつからでも鍛えられるものだと言えるでしょう。その訓練に加え、運転サポート機能の付いた最新の車に乗り換えることができれば、高齢者であっても安心して運転を続けることができると言えるでしょう。

最近では、高齢ドライバーによる事故が増えているかのような報道が多く、その結果、高齢ドライバーの自主的な運転免許返納という働きが強まっている傾向にあるようです。しかし、その情報は誤っているとも言えるでしょう。誤解を生んでいる原因としては、事故全体の件数が下がったということに加え、タイミング的な問題で、高齢ドライバーが高速道路を逆走したり、発進の際に後退してしまったりといった衝撃的なニュースが覆いかぶさってしまい、あたかも高齢ドライバーは認知症などの可能性も否定できないから、車を運転しては危ないといったような印象が強く残ってしまっているのでしょう。認知症とうのは、老化やいろいろな病気と言えるでしょう。この認知症が原因で脳の働きが低下してしまうと、物忘れや認知機能といったものが低下し、日常生活に支障をきたしてしまうことが半年以上継続してしまった状態のことを指しているようです。認知症の原因となる病気でもっとも多いとされているのが、脳の神経細胞がゆっくりと死滅していく「変性疾患」と呼ばれる病気でしょう。アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症などがこれにあたると言えるでしょう。そして、現代の認知症の約半分はアルツハイマー型認知症といわれているようです。認知機能検定を受けてもダメだった場合には自身で受け入れて、今後について考えたほうが良いと言えますが、そうでなかった人は、問題集などを参考にして認知脳を向上させると良いでしょう。

admin