教習所の環境

教習所の環境

合宿免許プランへの参加を楽しみにしていらっしゃる方もいるでしょうが、合宿地が東北などの雪国である場合、注意を要します。雪が降ると、教習や検定に支障が生じる可能性があるからです。ただこれまでのところ、実際に問題となった事例はほとんど報告されていません。スキーやスノーボードを並行して楽しめることを売りしているようなプランもあり、降雪地帯の対策は思いの外進んでいることが分かります。教習所も降雪をものともしない設備が整っており、安心して受講に臨むことが出来るのです。

東京等の都市部に住んでいれば実感できないのですが、雪が多く降る地域では、常に除雪が行われています。特に公道の除雪は自治体やネクスコの責任の下、徹底的に行われます。教習所内も専用の機械や人力で頻繁に除雪するため、雪で教習が受けられないような事態は考えにくいのです。例年に見られないような大雪の場合を除けば、先ず心配する必要はないでしょう。

ところで免許の取得を希望される方の中には、運動神経が鈍いことを自覚している人もいるでしょう。確かに運転が上手な人と下手な人とがいますが、実はそれには運動神経は関係しません。反射神経の良い人は咄嗟の判断を誤りにくいという点で、多少有利ではありますが、運転スキルとして大差がつくようなことは考えられません。二週間という期間は、誰がトレーニングしても合格できることを含意するもので、教習が始まる前から自分の不出来を心配するのは無意味です。敢えて注意すべきことを挙げるとすれば、運動神経ではなく、慎重さでしょう。自分の能力を過信して乱暴に運転しないことが大切です。

admin