信号に関して

信号に関して

信号に関しては、細かなルールが存在します。例えば、信号機や道路に「左折可」の掲示板が設置されている場合、信号機の赤や黄色は左折方向に限り無効化されます。但し歩行者が渡っている時は、それを妨げないように通過しなければなりません。信号の直前の位置には、停止線があることも多く、その場合は停止線を越えないように止まります。停止線が無い場合は、定められたルールが存在するので、それに従った停車に努めます。具体的には、交差点の場合、横断歩道があれば、その直前で止まります。横断歩道も無ければ、信号機の直前で止まりましょう。警察官の手信号に従う場合は、警察官の1メートル手前で停止しなければなりません。

警察官の手信号は様々な理由で行われますが、運転手は常にその指示に従わなければなりません。手信号には赤色、青色、黄色を意味するポーズがあるため、万一の時のために頭に入れておきましょう。腕を横に水平に上げている場合、腕が示す方向の交通は青色であることを意味します。ですから警察官に対面する方向の交通は赤色ということになります。腕を真上に上げている場合、身体に並行する交通は黄色であることを意味します。

admin