交差点の注意点について

交差点の注意点について

交差点に差し掛かった場合などには、30メートル手前で合図を行う、というのはもちろんのこと、一度、中央に寄せてから、曲がることになるため、交差点のセンターから、50 CM 以内に収まっておかなければ、減点されてしまうということも、覚えておかなければなりません。なぜならば、このようにしておかなければ、直進の車とぶつかってしまう危険性がある他、周囲の安全性を、十分に確認することができない、というデメリットがあるからだ、という風に言われているわけです。中心の内側を、ゆっくりとしたスピードで、つまり、徐行しながら動いていくことで、カーブするのがポイントだ、という風に言えるでしょう。そして、交差点を越えたら、しっかりとスピードを上げて、交差点から離れるのがポイントだ、というふうに言えるわけです。一方で、左折をする場合には、キープレフトを保ったまま、1 M よりもしっかりと寄せていくことで、交差点に入る際の危険を、大幅に減らすことが出来るわけです。左に曲がる場合には、バイクや、歩行者、や自転車などが左側にすっと入ってくるようなパターンが多く、これが大きな事故や、巻き込み事故などにつながるケースも多いことから、注意しておくことが重要だ、という風に言われているわけです。自分自身で思っている以上に、左に寄せていくことで、巻き込み事故の危険を未然に防ぐことができる、という風に言えるでしょう。右側ハンドルの車にとっては、左側のカーブが死角が多くなってしまうため、見えないポイントも増えてくる為、全く事故に気付かないまま、事故を起こしてしまう、というようなケースもしばしばあるようですから、注意しておくことが重要です。

admin