交差点への進入の仕方

交差点への進入の仕方

交差点に進入する際には、なるべく早いうちから、バックミラーや、フロントミラーなどを確認しても、口で危険を確認しておくことが、重要だと言いますし、バイクなどの、加速機能が付いた車両などが入ってこないようにするためにも、なるべく早いうちから、1メートル以内の幅寄せを行い、入ってこないように、ブロックしておくことが重要だ、という風に入れるでしょ。実際のところ、慣れていないうちは、幅寄せした際に、車を擦ってしまうのではないか、と不安な人もいるかもしれませんが、きちんと感覚をつかんで、交差点に入る際の危険をなるべく減らすということが、ポイントだという風に言えるのではないでしょうか。変更を確認して、合図を出して、進路変更をするという、とくに一連の流れをスムーズに行うようになれば、交差点を安全に走行することができるようになった、という風に言えるでしょう。安全確認は、多少、大げさなぐらいにしっかりと行うということが、ポイントの一つである、という風に言えるかもしれません。交差点に差し掛かって、急に、信号が黄色になった際には、きちんと止まり、信号と信号の間で未然に予測をつけておいて、無理をせずに泊まるという事が一つポイントであるというふうに言えるわけです。交差点の通行については、右に曲がる際には、前方からの車に特に注意しておくことが必要で、対向車線から猛スピードで車が来た場合にも、避けたり危険な事態を生じたりすることがないように、未然の判断をしておくことが、重要だという風に言えますし、そのような点を考えると、なるべく中心の内側を徐行して、ゆっくりと通るということが重要で、センターから50 CM 以内に、車を収めながら走行することが、ポイントの一つであると言っていいかもしれません。

admin