左に曲がる場合とそのポイント

左に曲がる場合とそのポイント

左に曲がる場合には、歩行者や2輪車両を巻き込まないようにしておくことが重要で、そのためにも、未然に左端から1メートル以内に車を納めておくことがポイントだと考え得られます。約30メートル手前で、合図をして、きちんと、周囲の車に曲がるということを知らせるということも、必ず行わなければならないことの一つであるという風に言えるでしょう。交差点は、危険が多いという風に言われる中で、黄色になるかどうか判断に迷ったりする場合には、うつされたりするおそれがある場合には、そのまま進んでしまった方が、安全だというような場合があります。このような場合には、交差点の先に車が使えている場合などは、行ってしまうと危険になったりする場合もありますから、特に注意しておくことが重要だというふうに言えるでしょう。 断続的にブレーキを踏むことで、後ろに来ている車の後に停止する旨を知らせることもできますから、未然に危険を防ぐという意味でも、素早い判断が求められていることは、間違いないというふうに考えられるわけです。慎重に運転するということを考えれば、むしろ、黄色信号の時には止まる場合の方が多いというふうに、考えた方がいいかもしれません。つまり、逆算して考えると、前方の車が使えていなかったとしても、黄色信号の場合には、基本的に交差点の手前で止まる、という風に記憶しておいていいのではないでしょうか。実際、交差点で信号が青になった場合には、安全運転を心がけるという意味で、前の車両が使えている場合には、進むことはためらい周囲の安全を確認して左右からも車が来ないかどうかを見て歩行者や二元車両などが横切っていないことを確認した上で、信号を進むということがポイントであるというふうに考えて良いのではないでしょうか。

admin