停止線と安全確認の関連

停止線と安全確認の関連

注意が必要なのは、全く停止線が引かれていない場合で、交差点の直前で、きちんと止まるべきなのはもちろんのこと、道幅が違う道路の交差点などでは、道幅が広い道路の方が優先されるという風に定められているため、それをきちんと守らなければならない、という点も、覚えておいた方が良いという風に言えるのではないでしょうか。一方で、道幅がほぼ同じ道路の交差点で、停止線などが引かれていなかった場合には、ひとまず、左の方が優先されるという風に、覚えておくと、大丈夫だと言えるでしょう。特殊な例として挙げられるとすれば、路面電車などが走っていた場合には、道路の大きさにかかわらず、路面電車を優先するのが基本であるという風に覚えてしまった方がいいかもしれません。黄色信号では、急ブレーキで止めた場合に、後続車両がいた場合に危険が生じてしまった、というようなケースがあるため、臨機応変に対応するということも重要だと言えそうですし、一般的な道路とは違い、交差点の場合には青信号であっても、急発進するのではなく、周囲の安全をきちんと確認した上で発信することがポイントである、ということはいうまでもないことである、という風に言っていいでしょう。日本の道路は、見通しが悪いという風に言われることが多く、これにならって交差点の場合にも、見通しが悪い交差点などが多い、という風に言われているわけです。このような場合には、十分に速度を落として徐行するレベルで走行して、周囲の安全をきちんと確認しながら、慎重に進むということはもちろんのこと、左右の安全確認も目視できちんと見られるところまで確認をして、交差点であっても、十分に速度を落として運転するということが重要です。

admin