2月 2020アーカイブ

緊急事態に備えるコツ

臨機応変に対応して、子供や障害物などがある場合などには必要な場合に応じて一時停止をすることなどもポイントの一つであるという風にいるでしょう。そして、安全確認を最後にもう一度して、徐行で通過するということも、ポイントの一つであると言っていいかもしれません。交差点の他にも、踏切などの場合には、必ず一時停止を行い停止線よりもほんの少しでも前に出てしまった場合には、法律違反になってしまうため、注意が必要です。このように停止線を超えてしまうと、自分自身を危険にさらすだけではなく、電車との衝突という、最悪の事態を招いてしまうことになります。電車との衝突では、電車に乗っているたくさんの乗客を危険に晒したり、自分自身の命の危険を招くだけではなく大きな賠償責任なども伴うため、確実に守るのがポイントだというふうに言えるわけです。最近では、高齢者ドライバーだけではなく、若いドライバーなどでも、踏切にうっかり侵入して出られなくなってしまったため、電車と衝突してしまったなどというようなケースが見られますが、きちんとしたポイントを持っておくことが重要だと言えそうですね。このように、少しでも出たら、例えば教習所であれば、教習中止になってしまうという怖さから、数メートルも手前で止まってしまう人が多い、というふうに聞いたことがありますが、少しずつ前に出してギリギリできちんと止めるという、基本を守ることが重要だといえそうです。とりわけ踏切で待っている場合には、ハンドブレーキをきちんと引いて、クリープ現象などを起こさないようにするほか、ブレーキをきちんと踏むなどして、厳重に対策をしておくことが重要だというふうに言えるでしょう。