クリープ現象と遮断機における事故

クリープ現象と遮断機における事故

様々な対策をしておかないと、クリープ現象などを起こすオートマチック車などでは、気づかないうちに、踏切の中に侵入してしまったなどということにもなりかねないわけですから、注意が必要だという風に言えるのではないでしょうか。とりわけ、ブレーキを踏んでおくだけではなく、ハンドブレーキもきちんとかけておくことがポイントであり、これを借り忘れてしまう人は多い、というふうに聞いたことがあるような気がします。また、踏切などでは、周囲の車が注意不足であった場合などに、追突されてしまうようなケースがあるわけですが、きちんとブレーキを踏んでおくなどして何が何でも踏切内には、進入することを避けるのがコツである、という風に言えるでしょう。このようにしておき、電車との衝突や接触などを、未然に防ぐ、意識を強く持っておくことが重要だというふうに言えるでしょう。そして、遮断器などが上がって、無事に発信することができるようになった際には、必ず電車が来ていないか、どうかや、危険が存在しないかどうかを窓を開けて、左右を確認して、音もきちんと聞いた上で、安全確認を行うことが重要で、自分自身の車が渡りきって泊まることができるスペースがあるかどうかなども、確認した上で侵入することが重要だ、という風に入れるわけです。つまり遮断器が上がっている状態であっても、踏切の中で万が一にも止まってしまうことがないように、踏切の先にスペースを確認した上で、進むということがポイントの一つであるという風に言っていいでしょう。

admin