keyboard_arrow_right
Uncategorized
Uncategorized

コラーゲンについて

コラーゲンと言うと女性にとって肌などの若々しさを保ってくれるというイメージがあるかと思います。コラーゲンというのは、繊維製のタンパク質で、人体のタンパク質の約30%を締めているそうです。皮膚、骨、腱などに広く分布しているそうです。細胞同士をしっかりと結びつけているそうです。丈夫にする働きがあるそうです。骨や軟骨の形成に重要な役割を果たしているそうです。丈夫でしなやかな血管を維持するということで、肌の弾力性を保つためにも欠かせないそうです。魚の皮やフカヒレ、鶏の手羽などにとても多く含まれているそうです。コラーゲンというのは、三本の鎖がコイルのように巻き付いた「3重らせん構造」になっているそうです。1本の鎖は約1000個ものアミノ酸がつながっているそうです。鎖同士も橋をかけるようにところどころつながっているそうです。コラーゲンで人体に多く存在するのはI型とII型だそうです。I型は皮膚や骨、腱などに多く分布していて内側から組織を支えるような働きをしているそうです。II型は軟骨に多く含まれているそうです。関節を守るクッションのような働きをしているそうです。年齢とともにおこる肌の老化や関節の痛みというものが、コラーゲンの合成量と質が低下しているためなのだそうです。体内では古いコラーゲンを分解して、新しいコラーゲンを作り出しているそうですが、年齢を重ねるほどその代謝スピードは落ちてしまうそうです。そのため硬くて古いコラーゲンが増えてしまうそうです。これが肌の老化につながってしまうのだそうです。摂取したコラーゲンはそのままコラーゲンとして活用されるわけではないそうです。コラーゲンはサプリ摂取の上限は守って欲しいそうです。

「香里紗Style!肩こり解消法☆」サイトトップへ