keyboard_arrow_right
貧血や肌荒れを防ぐ

貧血や肌荒れを防ぐ

ビタミンB6というのは皮膚炎を予防することから発見された水溶性のビタミンだそうです。動物性食品に多く含まれているそうです。食事から取り入れたタンパク質やアミノ酸の代謝に関わっているそうです。健康な皮膚や髪を作るそうです。このほかにも神経伝達物質の生成や免疫機能の維持、肝臓に脂肪が貯まるのを防いだりするそうです。食事から取り入れたタンパク質はいったんアミノ酸に分解されるそうです。その後に身体が必要とするタンパク質に合成されるそうです。このときの補酵素として働くのがビタミンB6だそうです。ビタミンB6を十分に摂取するようにしていると、タンパク質の合成がスムーズに進むそうです。健康な皮膚や髪、歯などを維持することができるそうです。ビタミンB6はセロトニン、ドーパミン、アドレナリン、γアミノ酪酸などの神経伝達物質の生成にも補酵素として関与しているそうです。神経系を正常に保つのに欠かせないそうです。ビタミンB6というのは女性特有の不快な症状を改善してくれるそうです。妊娠中のつわりはアミノ酸の一種であるトリプトファンの代謝がうまくいかないことが原因なのだそうです。ビタミンB6を補給することで軽減できるそうです。月経前のイライラや腰痛といった不快な症状を引き起こす月経前症候群というのもは女性のホルモンのアンバランスによって起こるのだそうです。ビタミンB6というのはホルモンバランスを整えてくれるそうです。不快な症状が軽くなるということが期待されるそうです。ビタミンB6というのは腸内細菌からもつくられるそうです。欠乏症は起こりにくいそうです。サプリを大量に摂取すると間隔神経障害といった過剰症を起こすおそれがあるそうです。

「香里紗Style!肩こり解消法☆」サイトトップへ