keyboard_arrow_right
神経を正常に保つ

神経を正常に保つ

ビタミンB12というのはコバルトを含んでいるので赤いそうです。赤いビタミンとも呼ばれているそうです。必要量は他のビタミンと比べるとごく僅かだそうです。けれど補酵素としてさまざまな代謝をサポートしているそうです。特に赤血球の生成やタンパク質の合成、神経機能の維持で重要な役割を果たしているそうです。認知症の患者というのは脳内のビタミンB12の濃度が低いのだそうです。このことから脳の機能を正常に保つためにビタミンB12というのは重要な働きをしているそうです。ビタミンB12は赤血球のヘモグロビン合成を助けるそうです。このときに協力関係にあるというのが葉酸だそうです。どちらか一方でも不足してしまうと正常な赤血球がつくられないそうです。タンパク質やDNAの合成をサポートしたりするそうです。集中力や記憶力を高めて精神を安定させたりするそうです。傷ついた末梢神経を修復して、中枢神経機能を維持することに関わったりするそうです。ビタミンB12の働きはさまざまなものがあるそうです。ビタミンB12は動物性食品に含まれているそうです。レバー類やアサリ、牡蠣、サンマやイワシなどの魚介類に多く含まれているそうです。極端な偏食をしないかぎり不足するということは無いそうです。ただ、厳格なベジタリアンは欠乏しやすいということで、サプリの補給が必要となってくるそうです。欠乏してしまうと造血作用が低下してしまい悪性貧血を引き起こすことになるそうです。手のしびれや集中力の低下など神経系の異常も現れるそうです。胃を切除した人や胃粘膜に病変がある人もビタミンB12は不足しがちだそうです。過剰に摂取しても体外に排出されるので過剰症の心配はないそうです。

「香里紗Style!肩こり解消法☆」サイトトップへ