バック運転の難しさとコツ

ハンドルを一回転切って、右部分の角を目安にしながら、ハンドルを一回転戻して止めたらバックする直前には、必ず後ろに子供や障害物などがないかどうかを確認して車を入れるのが一般的である、という風に言えるでしょう。車体のサイドが平行になるようにコントロールするのはもちろんのこと、平行になる直前にハンドルを真っ直ぐに戻してから、止めておくとうまくいく、という風にも言われているようです。バックで運転する場合に、重要なのは車が止まるまで、エンジンを切るまで安全面できちんと気を配っておかなければならない、と言うわけです。実際の道路に出てから、非常に難しい点が多いと言われる駐車ですが、一つ一つのコツをうまくクリアしていくことができたならば、それほど難しいことではない、という風に言えるかもしれません。反対側で、右側にバッグをする場合は左側デバッグをするのと同様に、一旦ストップして、中の安全を確認してからハンドルを左側に1回切って、止まる時にまっすぐ戻して入れていくことになるわけです。左側で行ったのと同様の作業を、右側で行うことになるわけですが、左側よりも多少距離感覚が図りやすいため、難易度は低いかもしれません。しかしそれでも油断せずに安全確認はもちろんのこと周囲の安全を確かめながら車を進めていくことが、とにかく重要であるというのは間違いなく考えられるでしょう。そして、車庫から車を出す際にも、注意が必要で合図を出したら、きちんと左右の安全を目視で確認してから出発することが重要で車庫から出るときなどは、坂道になっていたりというような場合が多く、ある程度のスピードを出して、進んでしまう人もいるかもしれません。

クリープ現象と遮断機における事故

様々な対策をしておかないと、クリープ現象などを起こすオートマチック車などでは、気づかないうちに、踏切の中に侵入してしまったなどということにもなりかねないわけですから、注意が必要だという風に言えるのではないでしょうか。とりわけ、ブレーキを踏んでおくだけではなく、ハンドブレーキもきちんとかけておくことがポイントであり、これを借り忘れてしまう人は多い、というふうに聞いたことがあるような気がします。また、踏切などでは、周囲の車が注意不足であった場合などに、追突されてしまうようなケースがあるわけですが、きちんとブレーキを踏んでおくなどして何が何でも踏切内には、進入することを避けるのがコツである、という風に言えるでしょう。このようにしておき、電車との衝突や接触などを、未然に防ぐ、意識を強く持っておくことが重要だというふうに言えるでしょう。そして、遮断器などが上がって、無事に発信することができるようになった際には、必ず電車が来ていないか、どうかや、危険が存在しないかどうかを窓を開けて、左右を確認して、音もきちんと聞いた上で、安全確認を行うことが重要で、自分自身の車が渡りきって泊まることができるスペースがあるかどうかなども、確認した上で侵入することが重要だ、という風に入れるわけです。つまり遮断器が上がっている状態であっても、踏切の中で万が一にも止まってしまうことがないように、踏切の先にスペースを確認した上で、進むということがポイントの一つであるという風に言っていいでしょう。

緊急事態に備えるコツ

臨機応変に対応して、子供や障害物などがある場合などには必要な場合に応じて一時停止をすることなどもポイントの一つであるという風にいるでしょう。そして、安全確認を最後にもう一度して、徐行で通過するということも、ポイントの一つであると言っていいかもしれません。交差点の他にも、踏切などの場合には、必ず一時停止を行い停止線よりもほんの少しでも前に出てしまった場合には、法律違反になってしまうため、注意が必要です。このように停止線を超えてしまうと、自分自身を危険にさらすだけではなく、電車との衝突という、最悪の事態を招いてしまうことになります。電車との衝突では、電車に乗っているたくさんの乗客を危険に晒したり、自分自身の命の危険を招くだけではなく大きな賠償責任なども伴うため、確実に守るのがポイントだというふうに言えるわけです。最近では、高齢者ドライバーだけではなく、若いドライバーなどでも、踏切にうっかり侵入して出られなくなってしまったため、電車と衝突してしまったなどというようなケースが見られますが、きちんとしたポイントを持っておくことが重要だと言えそうですね。このように、少しでも出たら、例えば教習所であれば、教習中止になってしまうという怖さから、数メートルも手前で止まってしまう人が多い、というふうに聞いたことがありますが、少しずつ前に出してギリギリできちんと止めるという、基本を守ることが重要だといえそうです。とりわけ踏切で待っている場合には、ハンドブレーキをきちんと引いて、クリープ現象などを起こさないようにするほか、ブレーキをきちんと踏むなどして、厳重に対策をしておくことが重要だというふうに言えるでしょう。

停止線と安全確認の関連

注意が必要なのは、全く停止線が引かれていない場合で、交差点の直前で、きちんと止まるべきなのはもちろんのこと、道幅が違う道路の交差点などでは、道幅が広い道路の方が優先されるという風に定められているため、それをきちんと守らなければならない、という点も、覚えておいた方が良いという風に言えるのではないでしょうか。一方で、道幅がほぼ同じ道路の交差点で、停止線などが引かれていなかった場合には、ひとまず、左の方が優先されるという風に、覚えておくと、大丈夫だと言えるでしょう。特殊な例として挙げられるとすれば、路面電車などが走っていた場合には、道路の大きさにかかわらず、路面電車を優先するのが基本であるという風に覚えてしまった方がいいかもしれません。黄色信号では、急ブレーキで止めた場合に、後続車両がいた場合に危険が生じてしまった、というようなケースがあるため、臨機応変に対応するということも重要だと言えそうですし、一般的な道路とは違い、交差点の場合には青信号であっても、急発進するのではなく、周囲の安全をきちんと確認した上で発信することがポイントである、ということはいうまでもないことである、という風に言っていいでしょう。日本の道路は、見通しが悪いという風に言われることが多く、これにならって交差点の場合にも、見通しが悪い交差点などが多い、という風に言われているわけです。このような場合には、十分に速度を落として徐行するレベルで走行して、周囲の安全をきちんと確認しながら、慎重に進むということはもちろんのこと、左右の安全確認も目視できちんと見られるところまで確認をして、交差点であっても、十分に速度を落として運転するということが重要です。

左に曲がる場合とそのポイント

左に曲がる場合には、歩行者や2輪車両を巻き込まないようにしておくことが重要で、そのためにも、未然に左端から1メートル以内に車を納めておくことがポイントだと考え得られます。約30メートル手前で、合図をして、きちんと、周囲の車に曲がるということを知らせるということも、必ず行わなければならないことの一つであるという風に言えるでしょう。交差点は、危険が多いという風に言われる中で、黄色になるかどうか判断に迷ったりする場合には、うつされたりするおそれがある場合には、そのまま進んでしまった方が、安全だというような場合があります。このような場合には、交差点の先に車が使えている場合などは、行ってしまうと危険になったりする場合もありますから、特に注意しておくことが重要だというふうに言えるでしょう。 断続的にブレーキを踏むことで、後ろに来ている車の後に停止する旨を知らせることもできますから、未然に危険を防ぐという意味でも、素早い判断が求められていることは、間違いないというふうに考えられるわけです。慎重に運転するということを考えれば、むしろ、黄色信号の時には止まる場合の方が多いというふうに、考えた方がいいかもしれません。つまり、逆算して考えると、前方の車が使えていなかったとしても、黄色信号の場合には、基本的に交差点の手前で止まる、という風に記憶しておいていいのではないでしょうか。実際、交差点で信号が青になった場合には、安全運転を心がけるという意味で、前の車両が使えている場合には、進むことはためらい周囲の安全を確認して左右からも車が来ないかどうかを見て歩行者や二元車両などが横切っていないことを確認した上で、信号を進むということがポイントであるというふうに考えて良いのではないでしょうか。

交差点への進入の仕方

交差点に進入する際には、なるべく早いうちから、バックミラーや、フロントミラーなどを確認しても、口で危険を確認しておくことが、重要だと言いますし、バイクなどの、加速機能が付いた車両などが入ってこないようにするためにも、なるべく早いうちから、1メートル以内の幅寄せを行い、入ってこないように、ブロックしておくことが重要だ、という風に入れるでしょ。実際のところ、慣れていないうちは、幅寄せした際に、車を擦ってしまうのではないか、と不安な人もいるかもしれませんが、きちんと感覚をつかんで、交差点に入る際の危険をなるべく減らすということが、ポイントだという風に言えるのではないでしょうか。変更を確認して、合図を出して、進路変更をするという、とくに一連の流れをスムーズに行うようになれば、交差点を安全に走行することができるようになった、という風に言えるでしょう。安全確認は、多少、大げさなぐらいにしっかりと行うということが、ポイントの一つである、という風に言えるかもしれません。交差点に差し掛かって、急に、信号が黄色になった際には、きちんと止まり、信号と信号の間で未然に予測をつけておいて、無理をせずに泊まるという事が一つポイントであるというふうに言えるわけです。交差点の通行については、右に曲がる際には、前方からの車に特に注意しておくことが必要で、対向車線から猛スピードで車が来た場合にも、避けたり危険な事態を生じたりすることがないように、未然の判断をしておくことが、重要だという風に言えますし、そのような点を考えると、なるべく中心の内側を徐行して、ゆっくりと通るということが重要で、センターから50 CM 以内に、車を収めながら走行することが、ポイントの一つであると言っていいかもしれません。

交差点の注意点について

交差点に差し掛かった場合などには、30メートル手前で合図を行う、というのはもちろんのこと、一度、中央に寄せてから、曲がることになるため、交差点のセンターから、50 CM 以内に収まっておかなければ、減点されてしまうということも、覚えておかなければなりません。なぜならば、このようにしておかなければ、直進の車とぶつかってしまう危険性がある他、周囲の安全性を、十分に確認することができない、というデメリットがあるからだ、という風に言われているわけです。中心の内側を、ゆっくりとしたスピードで、つまり、徐行しながら動いていくことで、カーブするのがポイントだ、という風に言えるでしょう。そして、交差点を越えたら、しっかりとスピードを上げて、交差点から離れるのがポイントだ、というふうに言えるわけです。一方で、左折をする場合には、キープレフトを保ったまま、1 M よりもしっかりと寄せていくことで、交差点に入る際の危険を、大幅に減らすことが出来るわけです。左に曲がる場合には、バイクや、歩行者、や自転車などが左側にすっと入ってくるようなパターンが多く、これが大きな事故や、巻き込み事故などにつながるケースも多いことから、注意しておくことが重要だ、という風に言われているわけです。自分自身で思っている以上に、左に寄せていくことで、巻き込み事故の危険を未然に防ぐことができる、という風に言えるでしょう。右側ハンドルの車にとっては、左側のカーブが死角が多くなってしまうため、見えないポイントも増えてくる為、全く事故に気付かないまま、事故を起こしてしまう、というようなケースもしばしばあるようですから、注意しておくことが重要です。

信号に関して

信号に関しては、細かなルールが存在します。例えば、信号機や道路に「左折可」の掲示板が設置されている場合、信号機の赤や黄色は左折方向に限り無効化されます。但し歩行者が渡っている時は、それを妨げないように通過しなければなりません。信号の直前の位置には、停止線があることも多く、その場合は停止線を越えないように止まります。停止線が無い場合は、定められたルールが存在するので、それに従った停車に努めます。具体的には、交差点の場合、横断歩道があれば、その直前で止まります。横断歩道も無ければ、信号機の直前で止まりましょう。警察官の手信号に従う場合は、警察官の1メートル手前で停止しなければなりません。

警察官の手信号は様々な理由で行われますが、運転手は常にその指示に従わなければなりません。手信号には赤色、青色、黄色を意味するポーズがあるため、万一の時のために頭に入れておきましょう。腕を横に水平に上げている場合、腕が示す方向の交通は青色であることを意味します。ですから警察官に対面する方向の交通は赤色ということになります。腕を真上に上げている場合、身体に並行する交通は黄色であることを意味します。

指定自動車教習所について

自動車教習所の種類についてご説明することにします。そもそも自動車学校とは、公安委員会が指定するものです。正確には指定自動車教習所と呼ばれますが、指定の要件は決まっています。具体的には、自動車の運転スキルを教授していることは当然として、指導員が資格を有していること、教習所に設置されたコースが規定を満たすこと、学科講義が行われていること、道路交通法令を満たしていること等が求められます。全国には多くの指定自動車教習所が存在し、自動車学校、ドライビングスクール、自動車教習所等はいずれもそれに当たります。

指定自動車教習所とは異なり、届出自動車教習所と呼ばれるものがあります。仮免許の試験も本免許の技能試験も受けられない教習所に当たりますから、免許センターまで出向いて受験しなければなりません。高い運転スキルを有している人であれば、この種の教習所を利用することもありますが、普通は指定自動車教習所を利用した方が便利ですし、合格もし易いと考えられます。因みに高い運転スキルを有する人として考えられるのは、免許が失効して再取得を目指すような人です。道路交通法の第97条には、教習所における卒業をもって技能試験に代える旨が規定されており、初心者であればこの制度を利用しない手はありません。

指定自動車教習所の講義は、法令上の知識を中心に行われます。技能教習は基本操作を含め、道路上で咄嗟に判断しなければならない応用操作、危険予測に関して、丁寧なトレーニングが実施されます。日本に限れば、自動車免許の取得者は8000万人を超えていますから、必ずどこかで交通事故が起こっています。指定自動車教習所の講義、教習は、そのような交通事故を出来る限り減らすことを役割として担っており、教習所の責任は極めて重大であると言えます。残念ながら若葉マークのドライバーが事故を起こすことも珍しくなく、教習所のあり方が問われています。

教習所の環境

合宿免許プランへの参加を楽しみにしていらっしゃる方もいるでしょうが、合宿地が東北などの雪国である場合、注意を要します。雪が降ると、教習や検定に支障が生じる可能性があるからです。ただこれまでのところ、実際に問題となった事例はほとんど報告されていません。スキーやスノーボードを並行して楽しめることを売りしているようなプランもあり、降雪地帯の対策は思いの外進んでいることが分かります。教習所も降雪をものともしない設備が整っており、安心して受講に臨むことが出来るのです。

東京等の都市部に住んでいれば実感できないのですが、雪が多く降る地域では、常に除雪が行われています。特に公道の除雪は自治体やネクスコの責任の下、徹底的に行われます。教習所内も専用の機械や人力で頻繁に除雪するため、雪で教習が受けられないような事態は考えにくいのです。例年に見られないような大雪の場合を除けば、先ず心配する必要はないでしょう。

ところで免許の取得を希望される方の中には、運動神経が鈍いことを自覚している人もいるでしょう。確かに運転が上手な人と下手な人とがいますが、実はそれには運動神経は関係しません。反射神経の良い人は咄嗟の判断を誤りにくいという点で、多少有利ではありますが、運転スキルとして大差がつくようなことは考えられません。二週間という期間は、誰がトレーニングしても合格できることを含意するもので、教習が始まる前から自分の不出来を心配するのは無意味です。敢えて注意すべきことを挙げるとすれば、運動神経ではなく、慎重さでしょう。自分の能力を過信して乱暴に運転しないことが大切です。